megadeth・メタル側の人間が、さまざまな音楽を聴き、世間とのギャップを感じていくブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

megadeth


今日は、メガデスです。
10年位前には、1日中聞いてましたw
その頃の曲をセルフカバーした曲が、新譜に入ってました。

Megadeth - À Tout Le Monde


今回は女性との掛け合いで、構成しており結構面白いです。

個人的には、RUST IN PEACEの頃が好きだったんだが、今回のは結構いいアルバムだと思いました。

最近は良くカバー曲が発売されていますが、曲が育っている感じがしてすごく気になります。


【wikiより引用】
メガデス(Megadeth、1982年 - 2002年,2004年-)は、アメリカのヘヴィメタル・ロックバンドで、スラッシュメタル四天王の一つに数えられる。

複雑なリフの絡み合いを特長としデイヴ・ムスティン自身"インテレクチュアル(知的な)・スラッシュ"と称し、他のスラッシュメタルとは一線を画していた。

初期のメガデスはギター兼ヴォーカルのデイヴ・ムステインとベースのデイヴィッド・エレフソン以外のメンバーは固定せず、アルバムごとにメンバーが入れ替わっている状態であった。

ちなみに「メガデス(Megadeath)」の元の意味は、核兵器の威力を表す、或いは同一の死因による死者数の単位で、1メガデスあたり100万人の殺傷力があるという。 バンド名から意図的にaを抜いたのは、死との関連性を薄めるためだとムステイン本人が語っている。 バンド名から一部の音楽ファンからはデスメタルと勘違いされる事がある。

公式サイト

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。